アンダーヘアの自己処理

アンダーヘアの自己処理を脱毛器で行うのであれば、ユーザーレビューだけではなく、メーカー仕様をよく確認して、アンダーヘア脱毛対応機種を選ぶことが大事です。アンダーヘアに対応していない脱毛器で脱毛できるのだからと思って処理してしまうと、やけどをする場合もありますし、炎症で済む場合でも、少なくともその状態が治るまでは、ほかの方法での脱毛も避けなければなりませんので、非対応かそうでないかの確認は、気をつけなければなりません。

まず対応機種であることを確認し、そのうえで強弱の加減ができるタイプを選ぶと、痛みや脱毛を最小限に抑えて脱毛することができます。

まだどんな脱毛器を使おうか決まっていない方におススメしたいのは、出力調整機能がついた光脱毛の機種ですね。

熱線カッターで毛を焼き切る方式や、抜くタイプは痛みを伴い、肌への負担を考えるとどなたにでも合うというわけではなく、また、それらの方式で脱毛しても、生えてくる毛が少なくなることはありません。

その点、光脱毛タイプはサロンで施術を受けるほどではないにしても効果は高く、ほかの方式と違って、生えてくる毛を減らすことができます。照射する光の強さを調整することで、繊細な部分への刺激を少なくしたり、逆に痛みをあまり感じないところは強めの出力で脱毛することもできます。

イーモリジュはかつて楽天で57週間連続1位をキープしていた脱毛器です。

イーモという機種の後継機にあたり、3連射できる家庭用の光脱毛器です。脱毛器としてだけでなく美顔器としても使えて、脱毛器としても1つのカートリッジで約1万8000回も照射できるなど、もともとコスパの良い製品でしたが、後継機はさらにすごいです。
次のショットまでの待ち時間も3秒と少なく、ムダ毛の処理にかける時間が短くて、気軽に使えると好評です。
ただ、イーモリジュよりあとに発売されたケノンのほうがさらにバージョンアップしていて人気です。脱毛用のサロンに足を運ばずに、脚に生えている無駄毛を自分の力のみで美しく脱毛するのは難しいです。
脚はいたることろが曲線ですし、手が届きにくいところもありますので、一人の処理で毛がまったくないキレイな肌に仕上げるのは大変だと思います。脱毛をしてくれるサロンに赴けば、処理し忘れた毛が生えたままなんてことにもなりませんし、肌に負担がかかることも少ないはずです。

http://www.crashboombang.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です